ボートレース大村トップ > お客様との意見交換会 > 詳細

お客様との意見交換会

第3回「お客様との意見交換会」の実施報告

実施日 平成21年9月19日 10:00〜11:10
テーマ 自由
参加人数 4名
内容 今回は3回目ということもあり、参加者が4名とちょっと淋しい気もしましたが、意見交換が始まると、お客様の活発な意見が飛び交い、内容の濃い意見交換会となりました。日頃我々が見落としていることについて、お客様の立場から見た貴重なご意見をいただきました。

A氏

レース
夫婦・親子選手権、県下選手権、などの企画レースを開催できないか。
夫婦などでのあっせんを事前に断っている選手もいるので、実現可能かどうか日本モーターボート競走会あっせん課に申入れてみたい。また、県下選手権は地元中心の盆と正月レースを一工夫して実施したい。
施設・設備
前売場外おおむらで併売時に現在の映像では動き回らないといけないので、2場とも映像がみれるよう配置ができないか。
前売場外おおむらの映像については同時に2場楽しむことができるよう変更したい。ただし、音声については、施設の関係で1場のみとなるので、予めご了承願いたい。
10月1日からご要望のとおり、映像を変更いたします。
売上
大村競艇は頑張っていると思う。ファンのために1日売上1億以上を常に確保してほしい。
1日売上1億を割る日がないよう努力している。今年12月には熊本県長洲町、来年1月には長崎県波佐見町に場外発売場を開設する予定であり、総売上を伸ばすようさらに頑張っていきたい。
番組
準優勝出場メンバーの2回走りは前半戦は力を抜いたりすることがあるのではないか。
確かに慎重になるとは思うが、前半戦も得点に含めているので、力を抜くことはないと思う。その辺の選手の心理状態も推理に含め予想していただきたい。

C氏

出走表
出走表の現住所欄に現住所ではなく、どこの競艇場を本拠地にしているのかを入れることはできないか。
確かにお客様は現住所ではなく、日頃練習している競艇場が知りたいと思うので、システムのことも含め日本モーターボート競走会と協議させていただきたい。
協議の結果、現システムでは対応できません。今後、システムの見直しを含め検討して参ります。
レース
選手が練習する時にもボートに選手名を入れてほしい。
整備の方とも協議したい。
自主訓練時用に選手プレートを作成しておりますので、今後装着するよう徹底いたします。
レース解説
レース解説が早すぎる。まだ、展示が始まったばかりなのに、行き足がいいとか、言えるわけがない。アナウンサーが聞くタイミングが早すぎるのでは。あと予想の点数が多すぎる。
アナウンサーが早く聞きすぎているので、注意したい。また、レース解説は買い目だけではなく、予想するポイントを解説するよう変えていきたい。

D氏

レース
企画レースとしての競艇甲子園を毎年開催できないか。
4年前に競艇甲子園を開催しましたが、第2回を今年10月に開催する予定です。今後も引き続き実施していきたいと考えておりますが、毎年開催するのは、選手あっせんが偏るので難しい面があることをご理解いただきたい。
施設
夕日対策を検討できないか。
現建物では夕日対策は難しいと思う。夕日だけでなく、スタンドの一面ガラス化などの要望もあるが、実現できずにいる。あと4〜5年後には建替を行いたいと考えている。その時には、夕日などについても考慮したスタンドにしたい。