ボートレース大村トップ > 予想サイト > 印賀 勝男の今日のねらい目!

印賀 勝男の今日のねらい目!

 岡部貴司が調整に悩んでいた。前検で伸びは周りの評価も高かったのだが、「すごく特殊なペラの形。班では余裕があったけど、乗り心地が気になる。波に入った時が不安」。足を取るか、乗り心地をとるかを思案中。相棒の33号機は前々節、地元中村亮太が「バランスが取れて上位」と行き足抜群に仕上げていたエンジン。素性はいいエンジンだけに、結果につなげられるかどうかは調整次第かも。

 奥平拓也は前節、田頭実が行き足抜群に仕上げた34号機を引いた。しかし、前検では「乗っている感じは悪くなかったけど、班ではスリットで分が悪かった」と感触はひと息。それでも「ペラはそのままでいく」。初日2Rと8Rの2走。本番で変わるか、注目したい。 

 佐藤大佑は前回、7月の一般戦で優勝。大村はその時以来の参戦になるが、今回は60日のフライング休み明け。「起こしや行き足は良さそう。でも、3カ月ぶりのレースだし、2度とフライングを切りたくない。スタートはタイミングより質でいきたい。コンマ15から20を全速で」と初日は9Rで1枠もある。機力には好感触だったが、Sとレース勘が鍵になりそうだ。

 一方、田中堅は約10年ぶりの大村参戦になる。以前に来たのがピットも宿舎も建て変わる前とあって「何もかも新鮮」と笑う。引いた36号機には「少し合ってない感じはするけど、悲観するほどではない」と並の手応え。前走地の戸田でデビュー初Vを飾ったばかり。久しぶりの大村でも存在感をアピールする。

 6R…平石があっさりと逃げる。1ー2ー3。1ー2ー4の2点。

 4R…地力ある池本、伊藤の強襲。246、456BOX。