ボートレース大村トップ > 予想サイト > 印賀 勝男の今日のねらい目!

印賀 勝男の今日のねらい目!

 初日、ピットの温度計は40度を指した。とにかく暑かったが、レースも白熱した。11Rは森永隆が4カドからまくり差しで原田篤志の懐に飛び込んでバック先行。しかし、2Mで原田が差し返して逆転すると、2周1Mで森永の外マイを防いで押し切った。原田は「グリップがいい。中堅上位くらいだと思う」と舟足はまずまず。一方の森永は「足は普通で大したことはない。それだけに後半は1着が取りたかった」と悔しがった。
 広島の121期、高橋竜矢は初日を3着2本にまとめた。前検は舟足がぴりっとしなかったが、「レースではかかりが良かったし直線もついていけた。ペラはたたいてないです。前節の横田(茂)さんが仕上げてくれてました」。同じ広島の先輩に感謝した。
 また、広島勢では北川幸典も舟足は軽快。初日4Rは5着も、後半10Rは逃げ圧勝。「直線がいいし、回り足もいい」と舟足には胸を張る。2日目は6、11Rの2走で6、2枠。「スローからの方が出ていく気がする」なら、前半6Rはコース取りから注目したい。
 若手では、梶山涼斗や竹下大樹も見せ場はつくった。特に竹下は1回乗りの初日8Rは2着もある展開だっただけにレース後は悔しがった。それでも「乗りやすさがあるし、足も悪くないです」と水準レベルの足はある。この先、どこかで大駆けがあるかも。

 10R…谷村が速攻。1ー3ー45、1ー4ー35。

 7R…竹田の強襲。4ー1ー流し、4ー2ー流し、4ー6ー流し。



「予想サイトを見てマイルが貯まるサービス」はリニューアルいたしました。