ボートレース大村トップ > 予想サイト > 印賀 勝男の今日のねらい目!

印賀 勝男の今日のねらい目!

 優勝戦に勝ち上がった6人のうち、杉山正樹、荒井輝年は今年初優勝がかかる。この中で、最も優勝から遠ざかっているのは荒井で、17年12月蒲郡以来の優勝を狙う。優勝戦は3枠。機力は節一級の仕上がりで「伸びは行き足からのつながりで少しのぞくくらい。出足、回り足はいい」とレース足には胸を張る。久々のVがあるかも。
 また、準優9Rで荒井との岡山ワンツーを決めた宮野仁は15年11月以来、通算2回目の優出。「優出のチャンスがある足だと思っていた。ペラを自分の形にしてバランスが取れていい」。こちらも機力は上々。狙うはデビュー初優勝だ。
 さて、10月は期末でもある。原豊土は準優11Rで2着に好走。前半5Rも3コースからまくり差しを決めて、この日は1、2着。今期勝率(5月以降)は大村入りした時の6・22をほぼキープしている。優勝戦は5枠だが「好きな位置」とにやり。きっちり結果を出して、今期ラストの津G兇砲弔覆欧燭ぁ
 また、向井田佑紀も初のA級昇格へ、勝負がかかっている。準優11Rでは6枠から3着に奮闘した。最終日は5、11Rの2走で2、4枠。「回り足がすごく良かった。ナイターの方がいい」とレース足は軽快。果敢に攻めて上位を目指す。

 11R…西島が意地の逃走。1ー2ー34、1ー3ー2ー4。

 12R…荒井の強襲。3ー1ー流し、3ー4ー流し、3ー5ー流し。