ボートレース大村トップ > 予想サイト > 番記者のピットレポート

番記者のピットレポート

 羽野諒が初日の6Rで粘りの走りを見せた。大外から2Mで小回りし、2番手争いに加わるも2周2Mで流れて4番手に後退。しかし、最終コーナーでで差して3着に食い込み、2万円を超える高配当を演出した。「小回りしても残れるし、レース足はいいかも。波乱を出したいですね」と感触は上々。昨年10月に大村周年を制した羽野直也の弟で、昨年11月に芦屋でデビュー。デビュー3節目の唐津で30万円を超える大型配当も演出している。再び高配当を演出するか注目したい。


番記者おススメの一レース

 【6R】下條の攻めに乗って羽野が浮上。136、236のダブルBOX。