ボートレース大村トップ > 予想サイト > 前検日のピットレポート

前検日のピットレポート

更新日:2018年07月22日15時14分50秒

「G3マスターズリーグ第4戦」

前検日ピットレポートをお届けします。

今節は7月23日〜28日までの6日間で

優勝が争われます。今シリーズは

A1級7名を含む44選手が参戦しました。

このG3マスターズリーグで優勝すると

来年4月のマスターズチャンピオンの

優先出場権が手に入ります。

今年のマスターズチャンピオンから出場年齢が

満45歳以上に引き下げられ、出場勝率の

ボーダーも跳ね上がり、このリーグでの優勝は

大きな意味を持ちます。

まず紹介するのは地元の吉田一郎選手。

手にしたモーターは30号機。2連対率37.7%。

「時間が無くてプロペラそのままでスタート練習行って、

スタートがバラついていて比較は分からないけど、

スタートは届いていた。行き足は悪くなさそう。

少し回り過ぎているのでまずはプロペラ調整から。」

(大村専属記者提供)

そして今年のマスターズチャンピオン覇者、渡邉英児選手。

「前年度優勝者」として来年のマスターズチャンピオンの

出場権を既に手にしています。

今節手にしたモーターは37号機。2連対率44.7%。

「プロペラ調整して行ったけど可もなく不可もなくといった感じ。

班でも普通でした。いつも通りの調整をしていけば

出足はくると思います。」(大村専属記者提供)

今回は2選手の情報をお届けしましたが、

明日から6日間、様々な選手情報を

ピットレポートでお届けして行きますので

是非参考にされてください!

以上、「G3マスターズリーグ第4戦」の前検リポートを

お届けしました。

ピットリポーター 高橋 伸