ボートレース大村トップ > 予想サイト > 前検日のピットレポート

前検日のピットレポート

更新日:2018年12月05日19時03分47秒

ヴィーナスシリーズ第11戦

〜第13回蛭子能収杯〜

☆前検ピットレポート☆

12月6日〜11日までの6日間で優勝が争われます!

今節は、A1級4名を含む44選手が参戦♪

レディース達の熱い戦いにご期待ください!

前検日のピットから

明日の「第12R蛭子選考ドリーム戦」に出場する6選手のコメントをご紹介します\(^o^)/♡

☆1号艇 藤崎 小百合 選手

「特訓は貰ったままの状態で行きました。ターンで少し流れてしまうのが気になりましたね。試運転でもそうだったので、回転合わせる調整します。足は普通くらい。」

☆2号艇 津田 裕絵 選手

「スタート特訓は皆と一緒くらいでした。乗った感触は回転の上がりが気になったけれど、このままでも行けそうな感じはあるので、まずは1走してみて調整考えます。」

☆3号艇 大山 千広 選手

「感触は普通くらいだと思います。今日は回ってなかったので、明日コンディションを考えながら調整して行きたいと思います。」

☆4号艇 川野 芽唯 選手

「直線は普通くらいあるし、モーターの複勝率35%くらいの感じはあります。ただ、ターン回りが良くないですね。全然合ってなかったので、プロペラと外回りの調整を全部し直します。明日の前半レースまでにしっかり合わせて行きたいですね。」

☆5号艇 小野 生奈 選手

「回転が全然上がってないし、スタートする時も重たいですね。伸びは悪くないけれど、プロペラ叩き変えました。コースはまだ決めてないです。」

☆6号艇 遠藤 エミ 選手

「プロペラは片面だけ叩いて行って感触は良かったと思います。スリット近辺が良さそうで、班でも分が良かったです。あとは実際レースに行ってみてどうかですね。」

今回はドリーム戦6選手のコメントをご紹介しましたが、明日から様々な選手情報をピットレポートでお届けしていきますので、是非舟券作戦の参考にされてください☆