ボートレース大村トップ > 予想サイト > 前検日のピットレポート

前検日のピットレポート

更新日:2018年06月24日15時46分29秒

『長崎新聞社杯』

前検日ピットリポートをお届けします♪6月25日〜29日の5日間開催(^^♪

男女混合戦の今節は、A1級8名をはじめとした43名の選手が優勝をかけて争います。

前検日の今日は、初日のメインカード12R発祥地選抜を戦う6選手のコメントをお伝えします(*^^*)

まずは、1号艇・地元長崎支部の榎幸司選手。「複勝率30%の割には感触良かったです。行き足とかが良いですね。出て行くとまではいかないけれど、ちょっと分が良い感じでした。新しいボートだから、水面で跳ねますね。でも、みんなそれは同じだし、レースに行くと大丈夫だと思います。」

次に、2号艇・三角哲男選手。「もらったままの状態だと、全体的に重たくてきつかったですね。悪いモーターではなさそうなので、まずはプロペラ調整からしていきます。」(大村専属記者提供)

続いて、3号艇・石田政吾選手。「特訓では思ったよりもスタートが早かったけれど、大村のスタートがわからないから早起こしになったのかな。足は、そこまで目立った感じはなかったです。一通り見てみます。」(大村専属記者提供)

4号艇・石塚久也選手。「プロペラの癖が強いですね。スタートは、思ったよりも早かったけれど、新ボートだからかもしれないです。とりあえずレースに行ってみないとわからないですね。」

5号艇・長野壮志郎選手。「全然ダメです。回転が上がっていなくて、行き足になっていなかったです。プロペラ確認して、調整します。」(大村専属記者提供)

6号艇・稲田浩二選手。「プロペラは少し叩いて行きました。スリットの足は、班で一緒くらいでした。ターンで水を掴んでいる感じがしたし、レース出来るかなと思います。明日また乗りながら調整していきます。」

まずは4選手の情報を紹介しましたが、明日から始まる5日間。今節も初日から最終日まで、ピットリポートで各メンバーの様子・コメントをお伝えしていきますので、ぜひ舟券作戦の参考にされてください。一節間ご声援のほどよろしくお願い致します☆彡

以上、『長崎新聞社杯』の前検リポートでした(''◇'')ゞ

ピットリポーター:迎 実恵子


リポーター:迎 実恵子