ボートレース大村トップ > 予想サイト > 前検日のピットレポート

前検日のピットレポート

更新日:2018年07月08日17時11分18秒

『BTS長崎時津開設11周年記念』前検日ピットリポートをお届けします♪今節は、7月9〜12日の4日間短期決戦(^^!!男女混合戦です☆前検日の今日は、6選手のコメントをお伝えします(*^^*)まずは、地元長崎支部の桑原悠選手。「プロペラはそのままで、チルトが0になっていたからマイナスにして行きました。とにかく重たくて感触は悪かったです。伸びきったら変わらないけれど、行き足重くてだいぶ早起こしになりました。前回使用者の高倉選手が良かったということなので、やっぱりチルトは0の方がよかったのかなぁ。ターンで乗れなかったらどうしようと思ってマイナスにしたけれど、チルトの調整も明日また乗ってみて考えてみます。」続いて、こちらも地元の、村上遼選手。「回転が上がり過ぎている感じでした。下がることはないけれど、足合わせでは木村仁紀選手と薮内瑞希選手が良さそうでした。しっかり回転合わせられれば良いと思います。」(大村専属記者提供)今節は出走表の表面にスポット選手として登場の、松尾昂明選手。「ちょっとプロペラ叩いて特訓に行ったけれど、しっかり回転も上がってスタートしやすい感じでした。行き足は及第点ですね。伸びは、川野芽唯選手の方が良かったです。出足・回り足・乗り心地とかはまだよくわからなかったけれど、一番重視している行き足が良かったので、大きなことはせず明日またプロペラ調整に集中します。」そして、女子レーサー川野芽唯選手。「行き足は良かったですよ。そこから伸びていく感じはなかったけれど、まわりからは伸びていると言われました。自分の中ではそこまではないので、プロペラを叩きます。昨日まで大村を走っていた原田幸哉選手に調整のアドバイスをもらって来ました。」次に、後藤隼之選手。「直線は下がり気味でした。班では分が悪かったですね。ターン回りに関しては、足も乗り心地も悪くなかったです。明日また乗ってみて調整考えます。」最後に、丸野一樹選手。「プロペラはそのままで行きました。班では一緒くらいでした。足合わせは、木村仁紀選手と村岡賢人選手に伸びで少しだけやられました。」(大村専属記者提供)まずは6選手の情報を紹介しましたが、明日から始まる4日間。今節も初日から最終日まで、ピットリポートで各メンバーの様子・コメントをお伝えしていきますので、ぜひ舟券作戦の参考にされてください。一節間ご声援のほどよろしくお願い致します☆彡以上、『BTS長崎時津開設11周年記念』の前検リポートでした(''◇'')ゞピットリポーター:迎 実恵子