ボートレース大村トップ > 今節の展望

今節の展望

地元中嶋が久々の優勝を狙う!天野、松田らも優勝候補に挙がる

優勝候補には地元の中嶋誠一郎(長崎)を推す。地元の当地は前回戦こそ優出を逃したが、それ以前は5連続優出の実績がある。12月から4ヵ月連続の登場と、調整の利も大きい。5年近く優勝から遠ざかっている点は不安ではあるものの、分厚い壁を破ってもらいたい。地元では1月戦で優出した宮本夏樹(長崎)が決め手強化に成功してA級復帰へ好ペース。ブレイクが期待される。 安定した着獲りで確実に上位争いに絡んでくる天野晶夫(愛知)、剛柔自在のレース運びで大崩れの少ない松田憲幸(山口)、松井賢治(兵庫)も優勝候補に挙がる。前々期のF2から完全に立ち直った飯島昌弘(埼玉)や今坂晃広(静岡)、関口智久(埼玉)のスタート攻勢にも期待したい。 調子を崩している山崎哲司(愛知)と里岡右貴(福岡)だが、ともに攻撃力の高さが魅力で、勢いに乗ると手がつけられない。打越晶(福岡)は堅実戦で上位進出を狙う。 前期はフライング後に調子を崩した中越博紀(香川)だが、今期は1月丸亀で優勝するなどA1級復帰に向け順調に歩を進めている。現在B級の加藤高史(埼玉)、大上卓人(広島)も今期は6点を超える勝率を維持している。一足飛びのA1級昇級を狙えるほどの好調度を誇るだけに、決して軽視はできない存在だ。