ボートレース大村トップ > 今節の展望

今節の展望

真冬の王者を決める熱戦を西村拓が的確戦でリード!

上位陣の実力が拮抗しており、真冬の王者を決める優勝争いは寒さも吹き飛ばす熱戦になることは間違いない。 混戦模様の優勝争いからから頭一つ抜け出すのが、前期7点勝率を残した西村拓也(大阪)だ。的確なレース運びで大崩れせず上位進出してくる。10月びわこ周年で通算7度目のG詰ソ个魏未燭垢覆鼻▲織ぅ肇覲容世睇弾匹瀉奮に入っている。 吉村正明(山口)も前期に7点を超える勝率を残した実力者だが、フライング休み明け初戦の12月三国で事故とリズムはイマイチ。コーナー勝負で着順まとめる松本勝也(兵庫)や松村康太(福井)、スリット仕掛けて豪快な攻めを繰り出す西村勝(埼玉)、B2級降級から1年を経てA1級に復帰してきた渡辺真至(愛知)、12月若松で優出と好調な谷津幸宏(埼玉)も優勝候補に挙がる。 A1級に復帰した地元の中村亮太(長崎)がこれら遠征勢を迎え撃つ。10月唐津のG兇任蓮∈埜紊惑圓譴燭發里陵ゾ\1号艇を獲得と気を吐いた。九州地区選でG気防帰するだけに、地元でリズムを上げていきたい。 さらに、豪快戦がハマれば1着を並べる都築正治(愛知)と大澤普司(群馬)や、速攻力を生かした俊敏戦で迫る折下寛法(東京)、川口貴久(東京)、谷野錬志(静岡)もシリーズを盛り上げる