ボートレース大村トップ > 今節の展望

今節の展望

春に突入しペースが上がる主力勢 平尾、森永がシリーズをリード

春を迎えて好調モードに突入した実力者が今シリーズをリードする。好調勢の1番手は平尾崇典(岡山)だ。4月住之江周年は6コース捲りで優勝、5年ぶりのG祇覇に、同じく5年ぶりの若松オーシャンCの出場権を奪い取った。一度つかんだ流れは離さずに、このまま一気に突っ走る。 森永淳(佐賀)は今年に入りペースが上がらなかったが、4月宮島で待望の今年初優勝を決めた。完全優勝の実績がある当地でさらなるリズムアップを図る永田啓二(福岡)も4月鳴門で今年初優勝。昨年に110勝を挙げた勢いを取り戻すか。調子を落としていた伯母芳恒(東京)と高野哲史(兵庫)も、ジワリとペースを上げている。

松本勝也(兵庫)は変わらず手堅い走りを見せている。近況もコンスタントに優出しており、3月尼崎は優勝した。一方で流れに乗り切れないのが若林将(東京)だ。最近は勝負所で勝ち切れず優勝から遠ざかっている。7点勝率を保つ力があるだけにしっかりとチャンスは作るか。 地元勢では樋口亮(長崎)が奮起する。昨年は春から夏にかけて優出ラッシュの3優勝と勢いが加速した。今年もGW戦に続く快走に期待したい。